国産大豆100%で作られたと思えない『お肉みたいな大豆なんです』を使用した、鍋料理を紹介します。生活習慣病の予防食、未病食に、簡単にできますのでどうぞお試し下さい。カラッと揚がった手羽先タイプはこれだけでもおかずになります!(おつまみにも最適です。)

材料と下ごしらえ
6個(約3人前)
◎根菜ぎょうざ
材料 したごしらえ
大豆ミート
ミンチタイプ
約40g 熱湯で茹で、ザルに上げて水で軽く洗い流し水分を絞っておく。
里芋
(皮付きのまま)
竹串が通るほどにゆでておく。 水から茹で、竹串が通ればザルに上げる。
熱いうちに皮をむいて、すりこ木でつぶし、塩を全体にふりまぜておく。
れんこん 1/2個 すりおろす。
人 参 1/2本 ピーラー(皮むき)でタテに薄くけずっておく。
白菜 お好みで 葉っぱは、約3枚をタテヨコ5ミリ巾に切っておく。
ぎょうざの皮 適量
【調味料】 粉末だし、小麦粉(少々)、塩、醤油、揚げ油

◎手羽先タイプの唐揚げ
材料 したごしらえ
大豆ミート
手羽先タイプ
お好みで
片栗粉 少々
【調味料】 粉末だし、塩、醤油、料理酒、揚げ油

◎鍋のベース
材料 したごしらえ
白菜 お好みで 【鍋の具用】お好みで、茎と葉を2~3センチ角に切る。
大根 1/2本 すりおろす。
【調味料】 粉末だし、小麦粉(少々)、塩、料理酒、醤油、揚げ油
つくりかた
◎根菜ぎょうざ

1里芋は熱いうちに皮をむいて、すりこ木でつぶしてなめらかにしておく。

2ボウルにミンチタイプ、1、れんこん、人参、白菜を加え、全体に混ぜ、粉末だし、小麦粉、塩、醤油で下味をつける。(おすましの味より少し濃いめがよい)

32をスプーンで適量取りながら、ぎょうざの皮の中心において、周りに水をあて、半分に折って包む。(タックはとらない)

4油を熱して、3をカラッと揚げる。(少し焦げ目がつく位カラッと揚げる。)【ぽん酢をかけていただくのもおすすめです】

◎手羽先タイプの唐揚げ

5手羽先タイプを熱湯でゆで、ザルに上げて水気をきってから、ボウルに入れ粉末だし、大さじ1位の酒、塩、醤油で下味をつけておく。

6下味がしっかりつけばだし汁をきりながら、片栗粉を全体にふり混ぜる。
7熱した油でカラッと揚げる。


◎鍋のベース

8鍋に白菜の茎(2~3センチ角)を入れ、たっぷりのだし汁を加えてよく煮る。

9白菜がやわらかくしんなりすれば、すりおろした大根、ピーラーでけずった人参を散らして加える。((春菊、ねぎ、ほうれん草)を加えるのもよい。)
106に揚げたぎょうざ、手羽先タイプの唐揚げを加え、柔らかくなれば塩、醤油、日本酒を加え仕上げる。(温めなおす場合は、食べる直前に加えてください。)