寒い季節にみんなと囲む鍋料理は一層心が和み身も心も温まります。“根菜の王様”とも思えるごぼうを沢山に戴き、畑のお肉と言われる大豆からの厚揚げ豆腐をうなぎに見立てました。ごぼうとすき焼きのたれがマッチング!!そばの身体を温める働きも見逃せません。
是非 お試しあれ!! ほっぺが落ちる美味しさですよ!

柳川風シャブ麺

材料(4人前)

※材料は、目安の分量です。お好みで加減してください。

【材料】
細めのごぼう 2本
厚揚げ豆腐 2枚
あおねぎ 1~2本
そば 4人前
卵 2個

【調味料】
すき焼きのたれ 100cc
粉末だし
ごま油

作り方

■下ごしらえをします


細めのごぼう
少し長めのささがきにする(水に晒さない)

厚揚げ豆腐
熱湯で1~2分煮て、ザルによける。(油抜き)

青ねぎ
細かく小口切りにする。

そば
少しかために茹でておく。

■調理します

(1)油揚げは縦半分に切ってうなぎの切り身にみえるように斜めにうす切りにしておく。

柳川風シャブ麺
今回はこのようなイメージで油揚げを切りました。

(2)少し大きめの鍋(フライパンでもよい)にごま油を熱し、ささがきしたごぼうを入れ、よく炒め、
甘い香りになるまでさらによく炒める。(油でよく炒めることによってアクがうま味にかわる。)
※アクが残っていると、苦みが出てくるので、強火よく炒めるのがポイントです。!!
(様子をみて、途中ごま油を追加してください。)

(3)香りがよくなれば1の厚揚げ豆腐を全体に平らに並べ、ひたる位に水と粉末だし少々を加え、
ごぼうがしんなりする位煮ます。

(4)(3)にすき焼きのたれを加えて、さらに煮込む。

(5)よく解いた卵を十分味がなじませたごぼうに流し入れる。

(6)(5)にそばを入れ温まれば、ごぼう、厚揚げ豆腐と一緒に器にいれて、完成です。

柳川風シャブ麺

※お好みで、一味や七味をかけてお召し上がりください。
※また、すき焼きのたれが甘めですので、しょうゆを足すなどしてお好みの味に調整ください。

うどんすきのように煮込んでもおいしい。
温かいご飯の上にかけて、柳川丼風にしてもおいしい。
すき焼きのたれはきんぴらごぼうだけにもお使い戴けます。

心まで温める鍋をさっぱりと美味しく~今回以下の商品を使用しました~

すき焼きのたれ

天然醸造醤油をベースに砂糖・食塩・かつお節をブレンドしました。化学調味料不使用。ストレートタイプです。

日食だしの素

元祖日食だしの素は和・洋・中、さまざまな料理にお使いいただける優れもの。カレールウとともに使用すればさらなる味の深みが。。。

出雲福そば

国内産のそば粉と国内産の小麦粉を使用した、のど越しの良い極細めんです。